猫返し神社

猫返し神社(命名者:ジャズピアニストの山下洋輔さん)


愛猫の無事や健康を祈りに多くの方がいらっしゃいます。境内社の蚕影神社(こかげじんじゃ)がその社で、蚕の天敵がねずみ、猫を守り神にしています。「絵馬」に願いを書いたら、無事に帰ってきたという報告も寄せられています。
また、境内には「ただいま猫」の石像があります。やさしく撫でて下さい。

★お願い事が成就した際は御礼のお参りをしましょう。

猫絵馬・猫守り受付時間

【平常】午前10時~12時 午後1時~3時30分

【お参りのしかた】
 ①手水舎 手と心を清めます。
 ②ご本社(正面)にお参りします。
 ③蚕影神社(隣)にお参りします。
 ④授与所 絵馬とお守りがあります。
 ⑤絵馬を掛けます。
  お願い事は裏面にお書き下さい。
 ⑥猫の石像をやさしく撫でて下さい。

【Q、ペットを連れて行ってもいいの?】
 神社には老若男女多くの方がいらっしゃいます。ペットを苦手とされる方もおいでになるので、ペットを連れての入場はお断りしています。ご了承下さい。

【遠方でお参りに来られない方へ】
直接お参りできない方へは絵馬の郵送を行っています。神社宛に現金書留で1,000円(絵馬代+返送料)をお送り下さい。その際、貴殿の住所、氏名、「猫の絵馬をお願いします」と一筆添えてお送り下さい。到着次第、送付致します。到着後、絵馬裏面に願事を書かれ、ご返送頂ければ、神社の絵馬掛けに納めます。