おじいさん・おばあさんの知恵袋
  〜いつまでも健康長寿でたくさんのことを教えてね〜


     登場人物:父・母・息子・嫁・孫

@安産祈願 A初宮詣 Bお正月・厄除け C七五三祈願 D地鎮祭・神棚 Eお参りの作法 F正しい生き方


@安産祈願(帯祝い)

嫁  あの〜、お母さん。
   そろそろ5ヶ月になるので、今度の「いぬの日」に安産のご祈願に行こうと思うのですが、
   帯はどうすればいいのでしょう?
母  そうねえ。私の時は「さらし」しかなかったけど、今はいろんなものがあるみたいね。
嫁  「さらし」は巻いた方がいいですか?
母  安産祈願をどうして「帯祝い」っていうか、知ってる?
   安産祈願はね、妊娠5ヶ月目に入った頃に白布の腹帯(岩田帯)を締めて、
   無事な出産と母子の健康を祈願するものなのよ。
   これは、平安時代に貴族社会で宗教的儀式の一つとして定着し、
   江戸時代のはじめには庶民にも広がったのよ。
   腹帯には、難産防止や腹部の保護・保温という意味合いもあるそうよ。
   だから、出産という人生の大事に際し、身を引き締める上でも、まずは、さらしの帯を巻くのよ。
嫁  へえ、そうなんですか。出産は人生の一大事ですもんね。
   お母さんもそうしたように、縁起物である腹帯を大切にした方がいいですよね。
   洗い替え用に他のものを使えばいいんですものね。
母  それとね、帯は「腹帯からおしめまで」と言われるように、
   出産後は産着やガーゼに使って、最後まで使い切るものなのよ。

(いぬの日の安産祈願 当日)
息子 今日は暑いけど、短パンや素足だとまずいかな?
母  そりゃそうよ。神さまにお願いに伺うんだから、普段より改まった服装にしなさいね。
   人様にお呼ばれした時だって、それなりの装いで伺うでしょ。
   ましてや、大切な式に臨むのよ。

息子 俺が先にご祈祷の受付に行ってくるね。
母  いいのよ、急がなくて。神さまにお願いに伺う時は、心を落ち着かせるの。
   みんな揃っていないでお願いをすると、神社さんも困るでしょ。
   それに安産祈願は妊婦さんの名前で申し込むんだからね。

(祈祷終了後)
嫁  お札やお守り、安産腹帯、絵馬など、有り難い品をたくさん頂きました。
   絵馬はどうすればいいのかな。
母  絵馬にはね、神さまへのお願い事を書くのよ。
   あそこに絵馬掛けがあるけど、絵馬掛けに納めても自宅でおまつりしてもどちらでもいいのよ。
息子 あとさ、中にお米やお菓子があるけど、これは?
母  お米やお菓子、御神酒などは神さまからのお下がりといって、おいしく食べてお力を頂くのよ。
嫁  あ、そういえば、お友達から頂いたお守りがあるのですが、いっしょに持っていても平気ですか?
母  もちろん大丈夫よ。神さまはケンカしないからね。それぞれのお力を頂けるはずよ。
   では、お家に帰って、頂いた腹帯を締めましょうね。
   巻き方は、私が教えてあげるわ。これは祖母になる私の務めですから。


A初宮詣(お宮参り)

息子 父さん、子供の名前決めたよ。
父  そうかい、今日がお七夜だから、母さんに命名用紙に書いてもらって、家の神さまに奉告しないとな。
   お宮参りはいつにするんだい?
息子 うん、それなんだけど、いつがいいのかな?
父  男児だと31日目、女児だと33日目といわれるが、赤ちゃんの体調やお前の仕事の都合もあるから、
   その前後の吉日でいいんじゃないかな。
息子 お金って何か袋に入れるの?
父  神さまに捧げるお金は初穂料というんだけど、のし袋に包むんだよ。
   何度あってもいいお祝い事には、紅白蝶結びのものを使うんだ。
   お宮参りは無事出産した御礼と子供の成長をお祈りする大切な儀式だからね。
息子 ふ〜ん、いくらくらい包めばいいのかな?
父  神社さんによって、目安があると思うけど、神さまへの感謝の気持ちが大事だからね。
息子 そうだよね。
父  ご祈祷は物品の販売とは違うから、ちょっと難しいように感じるけど、
   この子を授かり、命名をした時と同じ気持ちで考えればいいんだよ。
   今できる自分の精一杯の感謝の気持ちを表し、心から神さまにお供えする。
   これが大切なことだよ。
息子 了解です。
   また日取りが決まったら、連絡するよ。
父  はいよ。お祝いを用意しないとね。

(お宮参り 当日)
息子 みんな揃ったね。じゃあ、受付に行ってくるね。
嫁  安産祈願の時のお札・お守りは持った?
息子 持ったよ。
母  申込書には、丁寧な字で間違えないように書くのよ。神さまに奉告してもらうんだからね。
   ほらほら、服装をきちんと。式の時はコートを脱ぐのよ。
息子 はいはい。

(祈祷終了後)
息子 お喰い初めとか歯固め石って何?
母  お喰い初めは、生後100日目頃に、食べ物に一生不自由しないようにとの願いから、
   神さまから頂いた箸や食器でお膳を用意して、食べる真似をする儀式のことをいうのよ。
   その際に、歯が丈夫であることを祈り、「歯固め石」をいっしょにのせるの。
息子 へえ、そうなんだ。頂いた食器類はその時だけ使うの?
母  ううん、もったいない。
   箸や食器はね、これからも末永く使うものなのよ。神社さんに納めなくていいの。
   歯固め石は、納め所があったから、そこにお喰い初めが終わったら、納めるのね。
息子 お宮参りのお札は一年で納めるのかな?
母  お宮参りのお札はね、この子が七五三のお祝いを迎えるまでおまつりするのよ。


Bお正月・厄除け祈願

息子・嫁 あけましておめでとうございます。
父・母  あけましておめでとうございます。
父  お前のところは、輪飾りは用意したのかい?
息子 したよ。もちろん一夜飾りは避けて、その前に準備した。
父  はずす日は知ってるのか?
息子 7日だよね。
父  そう、7日までを「松の内」といって、この日にはずすんだよ。
   その後、輪飾りや松は、お塩でお清めして、家庭で後始末するのが一般的なの。
   お盆のお供えのきゅうりやなすをお寺さんに、クリスマス飾りを教会に持っていかないだろ。
   家庭で用意したものは、家庭で後始末し、神社さんから頂いたものは神社さんに納めに行くんだよ。
   母さん、去年の神棚と台所のお札、破魔矢の準備は大丈夫かい?
   じゃあ、初詣に行こうか。

(お札のお納め)
息子 お札・お守りを捨ててくるよ。
母  捨てるなんて言わないの。神さまのものは「納める」と言うのよ。
   ちゃんと感謝の気持ちを添えて、納めるんだよ。

(初 詣)
父  お参りも済んだし、今年の神棚と台所の神さま、破魔矢を受けてくるかな。
   お前のところはどうするんだい?
息子 神棚がないからどうしようかな?
父  家族も増えたことだし、「家内安全」のお札をおまつりするといいよ。
息子 そうだね、そうするよ。あと、お守りもね。
嫁  みんなでおみくじを引きませんか?
   おみくじは、大吉から凶まであるのよね。たのしみ。
母  おみくじはね、吉凶の占いといわれ、今後の指針を決めることに使うのよ。
   年初め、月初め、日初めの新しい決意のもと、自分への戒めとして持ってても、
   神社さんに結んでもいいのよ。
   大吉や吉などは目安だから、それより中身を読むことが大切ね。
嫁  そうなんですか。
   それと今年前厄なんですけど、厄祓いってしたほうがいいんですか?
母  そうね、前厄・本厄・後厄の3年間を厄年というのよ。
   厄年は役年ともいって、人生で大切な時期だからね。
   この時期に災厄から守って頂くため、神さまのご加護を得るのは、とてもいいことよ。
   それに子供が生れたばっかりで、あなたにもしものことがあったら、大変でしょ。
   そういえば、お父さんも還暦だから、お祓いしてもらうよね?
父  うん、そのつもりだよ。
   節分までにしてもらった方がいいんだよね。
息子 どうして節分までなの?
父  厄年は数え年なの。
   数え年とは生れた時が1歳で、お正月を迎えると1歳加えるんだよ。
   節分までというのは、厄年の期間が元旦から年末までだから、なるべく早い方が
   いいという意味なんだ。
息子 へえ、そうなんだ。
母  厄年が過ぎると、あとは古稀・喜寿・傘寿・米寿と長寿のお祝い事ばかり。
   がんばって長生きしないとね。


C七五三祈願

母  もうすぐこの子も3歳ね。七五三はするの?
嫁  え、男の子も3歳でお祝いするんですか?
母  そう、男の子も女の子も3歳はお祝いするのよ。
   3歳のお祝いは「髪置き」といって、髪を伸ばし始めることを、
   5歳のお祝いは「袴着」といって、初めて袴を着用することを、
   また7歳のお祝いは「帯解き」といって、幼児用の紐を解き、
   大人と同じ帯を用いることを、それぞれお祝いするのよ。
   昔はね、医療が発達してなかったから、早くに亡くなってしまう子もいたの。
   子供の魂は未熟だからね。だから、この時期は神さまのお力を頂いてたのよ。
嫁  へえ、そうなんですか。
   七五三は数え年でお祝いするものなんですか?
母  本来は数え年だけど、早生まれの子もいるから、今は数えでも満年齢でもいいみたいよ。
嫁  うちは、3歳もしようかな。ちょうどかわいい盛りですもんね。
   時期は、いつくらいがいいんでしょう?
母  11月15日が七五三の日とされてるけど、今は10月から11月にかけて行う人が
   多いみたいよ。そういえば、そろそろ2人目の安産祈願をするころじゃない?
嫁  ええ、そうなんです。
   11月なので、いっしょでもいいんですかね?
母  祈願が違うから申込みは別々だけど、大丈夫よ。
   2人目の時も上の子と同じようにしてあげないとね。

(七五三祈願 当日)
息子 よーし、ビデオを撮るから、こっち向いて。
嫁  ほら、笑って笑って。
   あ、名前を呼ばれたよ、早く早く。
母  では、これからは大切な式だから、カメラ・ビデオ・携帯電話の電源は切りましょうね。
   今日は大勢さんがいらしてるから、履物は間違えないように家族でまとめて置きましょうね。
   ちゃんといい子でお座りできるかな?

(祈祷終了後)
嫁  よかったね、いい子にお座りもできて。
   えらかった、えらかった。
孫  ねえ、アメたべたーい。
母  おうちに帰ってからね。
   千歳飴は、千年まで長生きできるようにと縁起がこめられてるものだから、大事に頂こうね。
   さあ、次は写真屋さんに行きましょう。
   もうちょっとの間、いい子でいられるかな。


D地鎮祭・家のお祓い

息子 今度、家を建てようと思うんだけど、地鎮祭はやった方がいいのかな?
父  そうかい、お前も一家を構えるようになるんだな。
   この家を建てる時も神主さんに来てもらったんだよ。
   土地にはね、土地の神さまがいらして、そこに我々が住まわせて頂いてるんだよ。
   これから永い間お世話になるわけだし、工事の無事安全が何よりだから、
   お願いしてみたらどうだい?
息子 準備とかあるのかな?
父  地鎮祭には、竹やお供え物、砂などが必要だね。
   準備品などは、いつもお参りに行っている神社さんに聞いてみればいいよ。
   日取りは決めたのかい?
息子 来月あたりにできればと思うんだけど。
   それと、家を建てたら、神棚はあった方がいい?
父  うちも新築の時に大工さんに棚を作ってもらったんだよ。
   神棚は一家の中心だし、お前にとっても一家を背負う心構えが生れるし、
   子供もお前のように心に豊かさを持つことができるはずだよ。
   孫の教育上、大いにすすめるよ。
息子 うん、わかった。
   神棚にはどんなお札をおまつりするの?
父  神棚には、天の神さまの天照皇大神宮(あまてらすおおみかみ)と土地の神さまの
   氏神様のお札をおまつりするんだよ。天と地の恵みを頂くためにね。
息子 この家には台所にもあるでしょ?
父  台所は、荒神様といって、火の神さまをおまつりしてるんだよ。
   神棚も神社さんに行けば、相談にのってもらえると思うよ。


Eお参りの作法

孫  ねえ、おじいちゃん。
   今度サッカーの試合があるんだけど、とっても大切な試合だから神さまに
   お願いしてから行こうと思うんだけど、守る作法があったら、教えて下さい。
祖父 そうかい、頑張るんだよ。
   まず神社に行くと、鳥居があるよね。
   そこで、「神さま失礼します」という気持ちでお辞儀をするんだよ。
   それから、参道を進むと手を洗う所がある。
   ここで、手を洗い、口をゆすぐんだよ。
孫  ちょっとまって。
   いま書いとくから。
祖父 これは、「手水舎(てみずや)」といって、神さまの所に行く前に
   身と心を清めるんだ。
   さあ、いよいよ神さまの前だ。
   気持ちをこめたお賽銭を賽銭箱に入れて、2拝2拍手1拝の作法でお参りするんだよ。
孫  お願い事はいつすればいいの?
祖父 まずお辞儀を2回するだろ。つぎに手を叩くときにお願いするんだよ。
   最後にお辞儀を忘れちゃだめだよ。
孫  わかったありがとう。行ってくるね。バイバイ。
祖父 お前はいい子だね。がんばるんだよ。
   ああ、それと犬は連れてっちゃだめだよ。ご神域は神さまのお庭だからね。
   もちろん、石遊び・水遊び・ガムもね。
孫  りょーかい。


F正しい生き方は幸せへの一本道

嫁  息子もだいぶ大きくなってきて、子育てをこれからどうしようかと思ってるのですが、
   何かいいアドバイスをいただけませんか?
母  躾(しつけ)はこうしなきゃ駄目というものはないのよ。
   あなたがたが精一杯生きている姿を見せることが大切なの。
   「子供は親の背中をみて育つ」というでしょ。
嫁  そうですね、気をつけないといけないですね。
母  「目は広く、耳は大きく、口は小さく、胸は深く、腹は太く」
   それと心と身体のバランスね。
   心は、
     ありがとう・おかげさま、今を一生懸命生きる、不平不満を言わない
     世の為人の為につくす、神さまに感謝する
   身体は、
     明るい笑顔、よく噛み腹八分、早寝早起き、適度な運動、体温36.5度
嫁  子供だけじゃなくて、私たちにも大事なことですよね。
母  そうなの、神さまから授かった命を一生懸命生きることが大切だと思うの。
   神さまはいつも見守って下さっているから。